FREETOWN

ABOUT

フリータウンが選ばれる理由

自分で「作って・売って」いるから

フリータウンでは、自身で制作した複数のWebメディアによって、自分自身が収益をあげています。

そのため、制作・マーケティング双方の「生のノウハウ」とでもいうべきものを常に蓄積し続けています。

フリータウンで制作するウェブサイトは、そうした実際に成果の出た方法が落とし込まれているため、販売力の強いメディアに育て上げることができるわけです。

実はWeb制作会社というのはあくまでも「制作のプロ」なので、必ずしも売るためのノウハウを持っているとは限りません。

そのため、意外かもしれませんが「カッコよくても一向に成果が出ない」ということがよくあるのです。

また逆に、売るためのノウハウはあっても、それに制作スキルが追い付かず、実際の制作はすべて外注という制作会社もあります。

その場合、制作されたものが本当にノウハウを反映した仕様になっているか分からないため、そのまま納品されてしまうおそれもあります。

フリータウンではこれまで10年以上かけて、自分で実践しながら制作スキルとマーケティングノウハウを身につけてきました。

それらをフル活用して、販売力の強いウェブサイトと運営ノウハウをご提供します。

クライアントの状況に合わせて
フレキシブルな対応が可能

フリータウンは、フリーランスのWebクリエイターです。

一緒に働いてくれているパートナーのクリエイターも、すべてフリーランスとして現役で活動している人間ばかりです。

そのため、通り一辺倒な対応ではなく、クライアントの状況に合わせてフレキシブルに動くことができます。

私自身、正直、あまりビジネス然とした付き合いは得意ではありません。

こちらは個人事業主ですので、どうかお気軽にお声掛け頂ければと思います。

とはいえ、もちろん無責任な仕事をヨシとしているわけではありません。

フリーランスの中には、せっかくご依頼頂いたのに途中で連絡が途絶える人もいると聞きます。

しかしフリータウンは「やる」と言ったことはキッチリ仕上げますし、頂いた報酬に見合うだけのリターンをお返しします。

クライアントとフリータウン、そしてパートナーのクリエイター達。

関わるすべての人が幸せになれることが、将来的な成果を最大にできる唯一の方法だと考えています。

クライアントには「フリータウンに依頼してよかった」、パートナーには「この仕事をしてよかった」と思って頂けることを理想としています。

大手制作会社に比べて
リーズナブルな料金設定

大手のWeb制作会社では、コーポレートサイト(会社ホームページ)を制作する場合、一般的に300万~1000万円の費用が掛かります。

もちろん大手には多くのスタッフが在籍しており、そのそれぞれが各分野のスペシャリストなわけなので、結果として金額が高くなってしまうのは無理からぬことです。

しかし忘れてはいけないのは、個人ビジネスのためのウェブサイトに、そこまで多岐にわたるスキルや知識は必要ないということです。

フリータウンでは、個人ビジネスがコストを抑えつつ、ゼロからウェブサイトを立ち上げて「売る仕組み」を構築し、収益をあげていくプロセスにフォーカスしています。

そのため、大手に比べて大幅に費用を抑えつつ、販売力のあるウェブサイトをご提供することが可能となっています。

さまざまな案件に携わる中で培った
ノウハウをすべて提供できる

フリータウンでは、これまで某業界2位の大手から個人事業主のホームページまで、300を超えるさまざまな規模の案件に携わり「Webで売るノウハウ」を身につけてきました。

これまでの仕事には、うまくいったこともあれば、正直うまくいかなかったこともあります。

しかし、それらすべての経験を通して、個人ビジネスの収益をアップするためのノウハウを蓄積できたと考えています。

広告予算に余裕があれば、PPC広告やSNS広告など、マーケティング視点で取れる施策の幅は広がるでしょう。

でも私の経験から言われてもらえれば、「売る仕組み」を構築することで、ほとんど広告費をかけずに集客・販売することは可能です。

もちろんそのためには、正しい戦略と行動が必要になります。

そのため、ときにはクライアントにとっては耳の痛いことを言うこともあるかもしれません。

しかしそれも、クライアントに成果を出して頂きたいがためのことだとご理解頂ければありがたいです。

自分が昔「売れなかった」から、
苦しみが理解できる

実は私は、一度目の独立では失敗しています。

地元に逃げ帰り、自動車工場の期間工をして資金を貯め、再び独立した経験があります。

そのため、売れない苦しみ、惨めな気持ちで独り過ごす夜、お金がなくなる怖さをよく知っています。

だからこそ、自分と同じような思いをする人をひとりでも減らしたいと考えています。

もちろん、フリーランスや個人事業主が最後に頼れるのは自分だけです。

それは分かった上で、それでもクライアントにとって、最後の最後までゴールに向かって一緒に走れるパートナーでありたいと思っています。

こんな人のために働きたい

  • 個人事業主・フリーランスとして商品やサービスを提供している人
  • スタートアップに挑戦する個人起業家や小規模法人
  • ブロガーやアフィリエイターなど、Webを活用したビジネスをしている人
  • 提供している商品・サービスの価値を信じ、少数精鋭で頑張っている会社
  • 将来的に喜びを分かち合えるような人
  • 日本の可能性に希望をもってビジネスに打ち込める人
  • 自分の得だけでなく、関わる人すべての幸せを考えられる人
  • Web集客の軸となるコンテンツを本気で構築したい人

フリータウンが生まれたのは、
世界最貧国の空の下

私がフリーランスとして生きていこうと決めたのは、西アフリカの世界最貧国、シエラレオネにいたときでした。

シエラレオネの首都フリータウンに滞在していた私は、そこで過酷な環境の中で生きる子どもたちや、その境遇に負けず未来を切り拓こうとする人たちと出会いました。

それまで目的もなく、ただ何となく生きてきた私にとって、彼らの姿はとても眩しく、それと同時に「俺の人生はこのままでいいのだろうか?」という疑問が頭をもたげました。

生きていくのに精いっぱいの毎日の中、目をキラキラさせながら将来の夢を語るアルフレッドという名前の少年。

彼とかかわる中で、自分がどれほどチャンスに恵まれ、家族や友人に恵まれ、生まれた国に恵まれ、そしてそのどれにもろくに感謝してこなかったことに気づきました。

「自分にはもっと、できることがあるんじゃないだろうか?」
「自分はもっと、人の幸せのために生きることができるんじゃないだろうか?」
「死ぬときに後悔しないために、今、命を燃やして生きよう。」

そう考えた私は、流されて生きることをやめ、自分で自分の人生を選択して生きていこうと決心したのです。

フリーランスとして生きるのは、楽しいこともあるけれど、しんどいこともそれと同じくらいあります。

たとえ自分で選んだ道だとしても、ときには心が折れそうになることもあります。

それでも私は、自分の選択を後悔していませんし、誇りも持っています。

そして、自分と同じような生き方を選んだ人を心から尊敬し、その人の「仲間」であれたらと思っています。

これからの時代、フリーランスや個人事業主など、個人でビジネスをする人が増えていくと言われています。

法整備が進むことのメリット・デメリットなど、不透明な部分もありますが、私は個人ビジネスの将来に希望を持ち、自分の可能性を信じて生きていきたいです。

もしあなたが野心を持ち、自分のビジネスで世の中をよりよくしていきたいと考えているのなら、何かしらの形で協力できるかもしれません。

もしよかったら、気軽にご連絡頂ければうれしいです。