FREETOWN

CASE STUDY

ここでは、実際にクライアントからの依頼で実践した施策についてご紹介していきます。

もちろんクライアントの目的や要望により、戦略や運営方針はさまざまです。あくまでも一例としてのご紹介ですが、ご依頼後どのような感じで進めていくのかイメージはして頂けるかと思います。

CASE 01 : コンサルティングサービスの販売

クライアントについて

クライアントはあるジャンルでコンサルティング系のサービスの販売を検討していました。

そのため、サービスに関連したジャンルでブログを開設し、その読者にサービスを案内することで販売につなげられないかと考えていました。

また、自社サービスだけでなく、Googleアドセンスを設置したりブログテーマに関連するアフィリエイト商品を紹介することで収益の幅を広げたいとのことでした。

当面の目標としてブログのPVを月間10万、自社サービスの販売を月間3~5件に設定されていました。

  • サービスを提供しているジャンルで広く集客をしたい。
  • ブログの読者に自社サービスを案内して販売につなげたい
  • 自社サービスだけでなく、アフィリエイトなども活用してブログを収益化したい
  • ブログのPVを増やしてアドセンスでも収益を得る
  • ブログのPVを月間10万まで増やす

現状の課題・問題点

現状の問題として、開設当初に考えていたほどブログのPVが伸びていない(月間10,000PVほど)ということがありました。

アドセンス収益についても、もともと広告単価の高くないジャンルということもあり、月間4,000~6,000円を行ったり来たりしている状態でした。

また自社サービスの販売については、どのように紹介すればいいのか分からない状態だったため、販売ページの作成もできておらず、どのように販売につなげるかイメージがついていないとのことでした。

  • ブログで自社サービスをどのように紹介すればいいか分からない
  • ブログのPVが思ったように伸びず、アドセンスの収益が増えない
  • 効果的な商品販売ページの作り方が分からない
  • 商品販売のための導線が構築されていない
  • 各ブログ記事の目的が明確でないため、購買に結びつかない

フリータウンがご提案した戦略

ブログ開設開始からほぼ毎日記事を投稿されているようでしたので、クライアントにはすでに「書く習慣」は身に付いていました。

そのため、まずはSEOを意識した記事の書き方をご案内し、狙ったキーワードでユーザーをブログに誘導できるようになって頂くことを目指しました。

これをすることで、アドセンス収益の底上げを狙い、記事の中でアフィリエイト商品を紹介することで自社サービス販売以外の部分でも収益増加を目指しました。

それと並行して自社サービスの販売ページを作成し、お申し込みから決済までの流れも組み込みます。

その後、販売ページへ誘導するためのキーワード選定・記事の作成を行い、それらの記事から販売ページへの導線を構築します。

  • PVを増やすことを目的とした記事の作成(アドセンス収益を底上げ)
  • 購買意欲の高いユーザーの獲得(商品との関連性を重視したキーワード選定)
  • 商品販売ページの作成と導線の構築

実践した内容

SEOを意識した記事を書くことで、基本的な記事の作成方法を身につけてもらう

SEOを意識したキーワード選定手順をご案内し、1日最低1記事ペースで更新を続けて頂きました。

また、アドセンス広告を掲載する位置についても見直し、クリック率などを見ながら調整を繰り返しました。

その結果、実践から半年後には月間10万PVを突破、アドセンス収益は約50,000円まで伸びました。

PV推移
1ヶ月目 18,107PV
2ヶ月目 29,803PV
3か月目 55,116PV
4か月目 78,188PV
5か月目 91,383PV
6か月目 107,064PV
アドセンス収益推移
1ヶ月目 5,872円
2ヶ月目 16,652円
3か月目 29,578円
4か月目 30,726円
5か月目 36,697円
6か月目 49,532円

さらに、全体のPVが増加したことで、ある広告代理店から月極広告出稿の依頼がありました。

これにより、毎月定額(数万円)の広告収益を獲得することができるようになりました。

商品販売ページの作成

上記の施策と並行して、自社サービスを販売するためのページの作成に取り掛かりました。

販売ページについては、SEOを意識することよりも、しっかり申し込み(コンバージョン)につながるようストーリーを組み立てることの方が重要です。

ランディングページ(LP)も同じように制作し、Googleアドワーズなどの広告を出稿することでユーザーを呼び込みますが、ブログの場合はその役目を記事がしてくれます。

自社サービス販売を目的としたキーワードを選定して記事を作成、導線を構築する

サービス販売ページ作成後、サービスを必要としているユーザーを誘導するためのキーワードを選定します。

選定したキーワードに沿って記事を作成し、それらの記事から販売ページへリンクします。

こうした導線を複数作ることで、ブログに「売る仕組み」を構築することができます。

手にした成果

以上の施策の結果、クライアントはブログから毎月70,000~100,000円の広告収益、自社サービスの販売により毎月300,000~500,000円以上の収益をあげられるようになりました。

現在は複数の自社サービスを販売するための導線構築のほか、高単価商品のアフィリエイトによる収益アップのために、引き続きブログを育てて頂いています。