ホームページ制作について

ホームページ制作プロセス5. 改善

ある程度の期間ホームページを運用すると、

  • どれだけの人を集客できたか?
  • どれだけの人に商品を買ってもらえたか?
  • どのページから購入に至ったか?
  • どのページがたくさん見られているか?
  • どんなデバイスで見られているか?

というようなデータが手に入ります。

次はそれらのデータを分析し、改善することでさらに収益を伸ばすことを考えます。

いくら事前に戦略を練っても、分析することで改善点は必ず見つかります。

大事なのは、それを放置せず継続的に改善→分析→改善… というサイクルを回すことです。

実際のところ、継続的に改善に取り組んでいるホームページは多くありません。

ほとんどのホームページがろくに更新もされず、当然ながら成果も上がっていないというのが現実です。

しかしそれは逆に言えば、あなたがちゃんとデータを分析して改善していけば、それだけで多くのライバルに差をつけられるということでもあります。

ホームページの改善策に正解はありません。試行錯誤の連続です。

それでもトライ&エラーを繰り返していくことで、集客力と成約率の高いホームページを作り上げることができるわけです。

サイト分析ツールを導入しましょう

ホームページの改善点を見つけるためには、サイト分析ツールを導入する必要があります。

代表的なのはGoogleアナリティクスとサーチコンソールの2つです。

大ざっぱに言えば、Googleアナリティクスはホームページのアクセスに関するデータを分析するためのもの、サーチコンソールはホームページに問題がないか監視するものです。

ホームページを分析して改善策を検討するには、データがなければ始まりません。

そのため、分析ツールは「できれば導入しましょう」というレベルのものではなく、導入が必須です。

Googleアナリティクスとサーチコンソールを導入することで、以下のようなデータが手に入ります。

  • ホームページにどれだけの人が訪れたか
  • 訪れた人がどこからやってきたか
  • 検索エンジンにどんなキーワードを打ち込んだか
  • どれだけの人が購入リンクをクリックしたか
  • どんなデバイスで見られているか
  • どのページがたくさん見られているか
  • どんな人(年齢・性別)に見られているか
  • ページの表示速度は遅すぎないか
  • ホームページが検索結果に表示されるようになっているか?

これらのデータを分析しながら、伸び悩んでいるところにテコ入れしたり、調子のいいところをさらに強化したりという対策をしていくわけですね。

極論を言えば、こうした分析・改善サイクルを繰り返していけば、失敗はありえません

なぜなら、改善することを前提とすれば、失敗さえもひとつのデータになるからです。

カスタマイズしやすいデザインを

ホームページは、公開時点で最高の形になることを目指すのではなく、運用していく中で分析・改善を繰り返し、育てていくことを前提に制作をするものです。

そのために、改善策をスピーディーに反映できるよう、カスタマイズしやすいようにしておくことも成果を出せるホームページに大切です。

ちょっとバナーを追加したいだけなのに、そのためにいちいちプログラムを書き直さなくてはいけないとしたら、時間的にも労力的にもロスですよね?

ですので、あまりにも凝ったアニメーションやアート性の強いデザインは避けた方が賢明です。

もちろん長い時間をかけて育てていくホームページですので、愛着を持てることは重要です。

そういう意味でデザインを蔑ろにするのはよくありませんが、あまりに個性や独自性を押し出したホームページを作ってしまうと、あとで後悔することになります。

無料メール相談
毎月5社限定
まずは無料メール相談から
    • ホームページはあるけど、まったく反応がない
    • リニューアルしたいが、もう失敗したくない
    • ホームページで成果を出してハッピーになりたい
    • Webについて相談できるパートナーがほしい
    • 成果の出るホームページの運用方法を知りたい

    そんなあなたは、今すぐお問い合わせください。
    小さな会社にこそ活きるホームページと運用ノウハウを提供します。